story 胃潰瘍になってからの食生活は

焼き魚よりも刺身のほうがあっさりしていた食べやすかったです。一度にいっぱい食べ過ぎてしまうと胃にも負担がかかってしまうし、胃もたれをすぐしてしまうのです。なので食べる量は1回の食事ではとても少なめです。数回に分けて食事をすると栄養も損なうことがなかったし、胃にも負担がかからなかったので5回くらい1日のうちに食事します。足りない栄養素は間食をすることで補っています。それと胃潰瘍になってくると臭いも不快になってしまうことが多くなってきたのですが、ご飯を炊いた時の臭いもダメなので胃が相当悪くなっているのがこれだけでもわかります。料理も味付けを薄めにして臭いの強いものは避けて何とか対応することにしています。飲み物もコーヒーは飲むことができないし、アルコールは胃潰瘍が完全に治るまでは飲んではいけないので飲んでいないです。牛乳もお腹を壊しやすいのであまり飲んでいないのですが、お茶なら飲むことができています。そのお茶であってもノンカフェインのお茶などを好んで飲んでいるのですが、炭酸飲料などのジュースといった冷たい飲み物よりも温かい飲み物を飲んだほうが胃を冷やしてしまうこともなかったです。

コーティング 兵庫

ペットリボン